ドラゼミ

数学の苦手な子供は結構います。

でも一口に数学と言っても、基本的な計算問題もあるし図形や関数、証明といろんな単元があります。

そして、その単元毎に学習する内容も違っています。
言い換えれば、その単元を集中的に勉強すれば、意外と短期間に得点をアップさせることが出来るのです。

数学が苦手な子供でも、その中には比較的得意な単元があるものです。
先ずはそのとっつき易い単元を集中的に学習すれば、直ぐにその単元の得点はアップしていきます。

しかし、それでもなかなかテストの点数に結びつかないケースがあります。

普段の勉強では、理解できているのに、テストになると間違えてしまう・・・。
いったいどこに問題があるのでしょうか?

原因の多くは、小学校で学習する計算が定着していないことが理由です。
数学のほとんどの単元で、小学校で習う基礎的な計算(特に小学校2年生で覚える九九や5年・6年で学習する分数や小数の計算)が必要となります。 多くはこの部分の基礎的な学習がしっかりと定着していないことが原因して、なかなか点数が取れていきません。

中学で学習する公式などはパターン化しているので以外に早く覚えることができます。
「もう完璧だ!」と思っていても、テストの時に点数が伸びない人のほとんどは、九九や分数・小数の計算ミスが理由で得点につながっていません。

私は、何度も続く「うっかりミス」や「ケアレスミス」はあり得ないと考えています。

それはうっかりではなく、知識が定着していないからミスを繰り返えしているのです。
そこで、もう一度小学生に返って九九や小数・分数から勉強し直すことがとても重要になってきます。

子供は面倒がるかもしれませんが、中学生が小学生の内容を復習するのですから、意外と早く克服できます。

小学生用のドリルや百マス計算などを、毎日の勉強の前にウォーミングアップとして5分程度行っていけば、1〜2ヶ月程度で効果が現れると思います。

1