ドラゼミ

家庭学習を定着させるために、家に帰ってから寝るまでのスケジュール表を作ると良いです。

スケジュール表作りにはちょっとしたコツがありますので参考にしてください。

先ず、食事・入浴など毎日必ず行う行動を確認しその時間帯を確保します。

どうしても見たいテレビがあるのなら、その時間帯も入れてください。
習い事や塾がある日は、帰宅時間も異なりますので、曜日毎に決めていきます。

そして次に、空いている時間を勉強時間に割り当てていきます。
勉強時間が1時間以上続くなら、間に10分程度の休憩時間を設けます。



次に、曜日ごと、時間帯ごと、に勉強する教科を決めておきます。
例えば月曜日、前半で数学、後半で英語と言うように固定します。

さあスケジュールが出来たら、次は実践です。

スタート時間には机に座り、勉強が始められるようにしてください。

始めに、今日勉強する内容(範囲)を決めます。
具体的に、何ページから何ページまでと言う様に決めてから勉強を開始してください。

ここで時間の使い方にポイントがあります。

勉強を始めたのに終わりの時間が来ても、事前に決めておいた学習範囲が最後まで終わっていなかったとします。
どんなに途中でも、そこで必ず一旦終了させて下さい。
そして、次の時間帯に行う別の教科を始めます。
やり残した箇所は、就寝に決めた時間で、時間が許すまで勉強してください。

様は、ダラダラと勉強するのではなく、時間になったらスタートし、または終わることを習慣にしてください。
慣れてくれば、決められた時間内で予定した学習を終わらせることが出来るようになります。

スケジュールの見直しは、一週間後に一度だけ行っても良いです。
そう一度だけです。

勉強は大変なものです。
何度変更してみても大変なことに変わりはありませんからね。  

Related Entry
    Comment