ドラゼミ

ながら勉強とは、○○しながらやる勉強のことです。

ながら勉強のひとつの例として「音楽を聴きながらの勉強」があります。
最近の中学生には多いのですが、お宅ではどうですか?

本人いわく「音楽を聴きながらの方が集中できる」というのですが、本当にそうでしょうか?

もともと人間は、聖徳太子のように、一度にいくつもの事に意識を分散させながら、 深く物事を考えることができません。
人の「意識」は興味のある一つのものにしか向かわないのです。

聞いている音楽が自分の好きな音楽であればあるほど、意識は音楽だけに向かって行ってしまいます。

≪ただし、聞こえている音楽が自分に全く興味がない場合、逆に集中が高まるということもあるようです。リビング学習で、周りの雑音がかえって集中させる要因になっているのと同じです。≫


そして、最も学習に悪影響のある”ながら勉強”は「LINEしながら勉強」です。


スマホを机に置いて勉強している子供を見ていると、LINEやメールが来るたびに、ほぼ反射的にスマホを覗いています。
メールが来るたびに、子供の意識はスマホに向かい、勉強に向かっていたはずの意識が絶えず途切れてしまっています。

ブチブチと集中を寸断しながらの勉強では、長い時間、机に向かっていても、学んだ知識が定着できません。

自分で学習時間をコントロールできる、ある程度学力が高い子供ですら、ある時期スマホを封印したところ、定期テストで点数が大幅に上昇しました。(実際には、250点満点で普段200点前後の子供が230点まで伸び学年トップになりました。)
ということは、この子も知らず知らずのうちに、スマホの悪影響を受けていたということです。

学習にはオンとオフの使い分けが大切です。
勉強する時は勉強のみをして、遊ぶときは思いっ切り遊ぶという当たり前のことです。

普段から自主的にあまり勉強をしない子供の場合、これを本人の自主性に期待すると、いとも簡単に裏切られます。

勉強の時は、「スマホの電源を切って近くに置かせない」、「イヤホンで音楽などを聴きながら勉強させない」「テレビを見ながらの勉強をさせない」これを徹底しましょう。

これが出来ないのであれば、どんなに泣いて欲しがっても、始めから子供に与えないようにしてください。